足の動きの中で土踏まずが適切に形成されない:オーバープロネーション

「歩行時の「足」と「脚」の動き」でご説明をした適切な足と脚の動きが実現されず、結果として、つま先が地面から離れているタイミングにおいても土踏まずが適切に形成されずに、土踏まずがつぶれた状態が継続している人がたくさんいます。

このように足の動きの中で適切に土踏まずが形成されない足の状態をオーバープロネーション(過剰回内)といいます。

偏平足はオーバープロネーションの足の代表的な事例のひとつ

土踏まずがつぶれた状態となっている偏平足はオーバープロネーションの足が示す状況の代表的な事例のひとつ

このような足となる原因のひとつとして、踵周りの骨の動きが適切な状態よりも大きいことが挙げられます。

足の裏全体が接地してから地面から離れるまで一連の動きのなか、土踏まずがつぶれた状態のままでは、効率よく地面に力を伝えることができません。

もちろん、その状態でも歩いたり走ったりすることはできます。他方、そのような足の状態では、本来以上に筋肉や体の他の部位に過度な負担を強いることになります。そのような状態が長期にわたると、体に負担が増えていき、結果として、足だけではなく足首、膝、股関節、腰ひいては肩、背中そして首などにも影響が出る場合があります。

逆に言えば、足や足首、膝、股関節、膝、肩、背中、首その他の体の部位についての不具合の原因として、オーバープロネーションが想定されうる、ということです。

動きの中でアーチが形成されることが重要

では、オーバープロネーションの足に対するアプローチとしては、土踏まず、より専門的にはアーチを形成すればいいのではないか?という問いが浮かんでくると思います。私たちの答えとしては、半分YES、半分NOということになります。

というのも、歩行周期における足の動きと足の形でご説明したように、足の形は歩行のプロセスで常に変化するのです。たとえば、土踏まず部分をもちあげるようなサポートをいれるとアーチは形成されるかもしれませんが、アーチが崩れて衝撃吸収をしなければならないフェーズでアーチが上手く崩れることができない、という弊害を生みかねません。

その意味において、適切に足が動くようにオーバープロネーションの足に対してサポートを行うためには、「形を作る」のではなく、「動きを作る」という考え方が必要なのです。歩く、走るは動きであり、形ではないことを考えると、これは当たり前と言えば当たり前の事実なのです。

オーバープロネーションの足への対応として必要なのは、土踏まず部分も持ち上げてアーチを作ることではなく、歩行周期に合わせてアーチを適切に形成できる動きを実現すること

まずは足の状態の確認を。専門家へのご相談をお勧めします!

足の不具合などでお悩みの方は、まずご自身の足の状態、つまり動きの中で適切に土踏まずが形成されているのかを確認されることをお勧めいたします。

ご自身でも足の状態をご確認いただくことは可能です。

他方、足の仕組みは非常に複雑であり、その対処方法まで含めると専門家にご相談されることを強くお勧めいたします。NWPL社のファンクショナルインソール・ファンクショナルオーソティクスは、足の動きを最適化し、足を整えることでカラダを整えることを目的とした世界最高峰のプロダクトです。

NWPL社のプロダクトに関する十分な知識とフィッティングおよびその使い方に関する十分なトレーニングを積んだ専門家・専門スタッフが常駐する施設はこちらです。