足の指のつけ根の痛みには様々な症状が存在します。

ここでは代表的な症状として、外反母趾、種子骨炎、中足骨頭痛、モートン神経腫、そして、内反小趾について、症状や原因、痛みが起こりやすくなる環境についてご説明をします。

1.親指のつけ根の痛み

1-1.外反母趾(がいはんぼし)

親指のつけ根が外側に曲がることで生じる、靴との接触による痛み、関節痛の痛み、腱が引っ張られる痛み

<症状>

外反母趾とは、親指のつけ根の部分が外側に突出する症状です。その結果、靴と親指の出っ張った部分が当たることによって生じる痛みや、指の骨どうしの関節が噛み合わなくなることによる関節痛の痛み、筋腱の痛み、そして神経が圧迫されることによる痛みなど、さまざまな痛みが複雑に絡み合って生じます。

<原因>

外反母趾が起きる原因には様々な要因がありますが、外的要因としては不適切な靴の継続的な使用や生活環境、内的要因としては足の骨の配列の崩れ、そしてその崩れを背景として足が適切に機能しないといったことが上げられます。

足の動きの機能的な要因としては、踵(かかと)まわりの骨の配列がくずれ、足が内側に倒れこんで、土踏まずが下がったままの状態となるということが上げられます。このような足の状態を過剰回内(オーバープロネーション)と言います。

外反母趾の症状やメカニズムについては、こちらのページでくわしく解説していますので併せてご覧ください。

右:親指の付け根の部分が外側に突き出してくる。この部分が靴に当たるなど痛みが生じる

1-2.種子骨炎(しゅしこつえん)

親指のつけ根に過度に体重がかかることにより生じる痛み

<症状>

種子骨(しゅしこつ)とは親指のつけ根にある母趾球(ぼしきゅう)に付いている、二つの豆粒のような軟骨のことです。歩いているときなど、この種子骨の周りに、過度な負荷がかかり続けると、種子骨のまわりの組織が炎症を起こし痛みを発症します。

<原因>

種子骨炎の原因や種子骨炎になりやすい環境としては以下のようなものが上げられます。

  • 親指の付け根に反復的に負荷がかかる、長時間の立ち仕事をすることが多い。例えば、ハイヒールを履いた立ち仕事など
  • スポーツやランニングにおいて、つま先で接地する機会が多い
  • 硬い路面の上での、激しい運動を繰り返す

特に、踵(かかと)周りの骨格が崩れ、土踏まずが崩れた状態となっている(オーバープロネーション)の足は、歩くたびに親指の付け根の骨が過剰に横に広がってしまいます。その骨の先端である母趾球が床に強くこすりつけられることで種子骨周りに集中的に負荷がかります。この現象が一歩ごと、一日に何千回と繰り返し起こることで、やがて種子骨の周辺が傷ついて炎症を起こし、痛みが発症することがあります

左:親指のつけ根部分の可動域が小さい場合、垂直方向の力が種子骨に向かってかかりやすい。
右:種子骨自体の炎症にとどまらず周辺の筋肉の腱の炎症も併発することが多い

2.人差し指・中指の付け根の痛み

中足骨頭痛(ちゅうそくこっとうつう)

蹴り出しのときに起こる突き上げるような痛み

<症状>

歩いているときの蹴りだしの際、特に足の人差し指・中指の付け根に突き上げるような痛みを感じます。

<原因>

中足骨頭痛の原因や中足骨頭痛を発症しやすい足のタイプとしては以下のようなものが上げられます。

  • 踵(かかと)周りの骨格が崩れている足(オーバープロネーション
    このような足で歩行などを行った場合、足に負荷がかかったとき、体重を支える役割の親指の付け根と小指の付け根が左右に広がった状態となるため(開帳足)、真ん中にある人差し指・中指の付け根は床に押し付けられてしまいます。足が本来の動きをできていれば、支えなくてもいい重さを歩くたびに繰り返し、繰り返し受け止めなくてはいけません。何度も床に打ち付けられることで痛みが生じます。
  • 足が硬く、土踏まずが高い足
    このような足は指のそりかえりがおきやすく、体重がかかると、柔軟性がないことに合わせて指の付け根が突き出すような状態となり、日常生活の反復的な負荷がかかることで痛みを発症するともいわれています。

3.中指と薬指の付け根の痛み

モートン神経腫(もーとんしんけいしゅ)

足指の神経が圧迫されることで足指の中指と薬指の間に生じるしびれや痛み

<症状>

主として、足の中指と薬指のつけ根の間におきる症状でピリピリするような痛みが特徴です。

<原因>

踵周りの骨格が崩れる(オーバープロネーション)足に起こることが多く、土踏まずがしっかりと形成されないため、つま先が潰れてしまってい、指の付け根の骨の間にある神経にストレスがかかっていることが原因といわれています。 

4.小指の付け根の痛み

内反小趾(ないはんしょうし)

出っ張った小指のつけ根と靴が当たることで生じる痛み

<症状>

内反小趾は小指の付け根が腫れて痛くなる症状です。

<原因>

外反母趾同様、踵周り の骨配列の崩れが原因で、ずっと土踏まずが下がった状態(オーバープロネーション)となってしまうことが原因となることが多いと言われています。従って、内反小趾は外反母趾と併発することもあります。内反小趾の症状の詳細と原因は こちらで詳しく解説します。

右:小指の付け根部分が外側にせり出してくるのが内反小趾の症状

5.その他:加齢や病気による痛み

親指の付け根も含め、指の付け根部分にはもともと衝撃を吸収する為の脂肪体があります。

かかと、足裏の外側、そして指の付け根にかけてつまむように触ってみるとふわふわと弾力があります。それが、足に備わった衝撃吸収材である脂肪体です。

しかし、加齢や糖尿病などで脂肪体自体が薄くなってしまい、骨が直接皮膚に圧迫を加えることで痛みが出る場合もあります。

その他、痛風やリュウマチなどの疾患が痛みの原因の場合もありますので、心当たりのある方はまずは専門医に相談してみましょう。

まとめ:足の指のつけ根に生じる痛み

1.親指のつけ根

1-1.外反母趾:靴ずれ・関節痛・筋腱など、さまざまな痛みが生じる

1-2.種子骨炎:母趾球に体重がかかることで痛みが生じる

2.人差し指・中指のつけ根 

中足骨頭痛:蹴りだしたときに痛みが生じる

3.中指と薬指の間のつけ根 

モートン神経腫:指と指の間のつけ根部分がピリピリと痛む

4.小指のつけ根

内反小趾:出っ張った小指のつけ根と靴が当たることで生じる痛み

5.加齢や病気による痛み

足の付け根の脂肪体が薄くなり、骨が直接皮膚に圧迫を加えることで痛みが生じる


このように足の指のつけね部分に生じる痛みや不具合には様々なものがあります。対処方法についてはこちらにてあららためてご説明いたします。

対処方法のひとつの選択肢として、Northwest Podiatric Laboratory(NWPL)社のファンクショナルインソールを利用することが挙げられます。多くの足の痛みの原因と考えられている土踏まずがつぶれてしまっている状況(オーバープロネーション)の適切に改善し、足の動きを最適化するためのサポートを提供するインソールです。

つらくて、しつこい足の指のつけ根の痛みに悩まれているかは是非、以下のページをご覧ください。世界最高峰のサポート力を持つNWPL社のファンクショナルインソールで、皆様のお悩みの解決のお役に立ちたいと願っています。