足の大きさは変化するということをご存知でしょうか。足には片足で28個の骨があり、これらの骨が組み合わせって足を形作っています。

この骨の組み合わさりの強弱によって、足の大きさは変化するのです。

足が地面から浮いている時、加重がないため踵(かかと)周りの骨は、その人にとっての本来あるべき位置にあり、足の骨がしっかりと組み合うことで足の高さが上がります。その時、踵 周りから爪先までの足幅は細く、長さも短くなります。

話は少しそれますが、靴のサイズを決めるときには、この後ご説明する足が適切に動くように足を整えた後で、足のサイズを改めて測定することがとても重要です。

この足のサイズの変化を生んでいる足の骨格の組み合わせが緩んだり、締まったりすることは、歩く、走るといった運動をする際の足の働きに大きく影響を及ぼします。