三日月整骨院の町田結希先生がOur Storyに登場します!

現在、第五弾「脊柱管狭窄症による脚の痛みとしびれが消えて毎日が快適!」まで公開中。

第六弾では、スポーツ大好きの市場さん親子が登場

3人ともそれぞれ抱えた痛みから、三日月整骨院の町田先生の施術により解消。大好きなスポーツを楽しむことができる喜びをお聞かせいただきました。とても陽気なお母様とご子息へのインタビューは笑いが絶えませんでした。

「長男は肘・かかとの痛み、長女は膝痛が改善。母親は長年悩まされていた外反母趾による痛みから解放。家族みんなが楽しくスポーツに打ち込める。三日月整骨院は我が家のホームドクター」

親子3人でそれぞれの痛みを町田さんによる施術で解消。スポーツを楽しむことの素晴らしさをお伝えします。

三日月整骨院 町田結希先生
独立開業されたことの想い、患者様への思い、そして自身が作り上げられた整骨院の運営ノウハウなど幅広いトピックスについて熱く語られる町田結希先生。

理学療法士であり、Dr.SONAの院長である山岸茂則さんおよびクライアントの皆様へのインタビュー企画からほぼ1年。多くの方々から「患者様の実際の声が、具体的かつ詳細に聞くことができて本当に役に立った」、「自分と同じ症状に悩む方々がどのようにして痛みから解放されたのか知ることができてよかった」といった大きな反響をいただきました。

そのような声を受けて、今回は施術家へのインタビュー企画第2弾です。お話をお伺いするのは京都府京田辺市で三日月整骨院を運営されている町田結希さん。

町田さんは柔道整復師として独立し、三日月整骨院を開院されて5年。その間、新型コロナウィルス感染症の感染拡大の時期も含めて通院される方が増え続けており、近隣諸府県の方々から多くの信頼を得ています。

また、大学時代も含めて取り組まれているスキーに加えて、トレイルランニングなどのスポーツに精力的に取り組まれており、スポーツのパーソナルトレーナーもされています。そして、活動のエリアは花道にまで及ぶ多彩な才能の持ち主です。

町田先生が活けられたお花
三日月整骨院に飾られた鮮やかなお花。町田先生ご自身が活けられた作品が患者様をお迎えします。

今回のインタビュー企画では、Dr.SONA山岸茂則さんへのインタビュー企画と同様に、多様な症状でお悩みであった患者様にお話をお伺いしています。多くの整形外科や接骨院、その他治療院に通われてもなかなか症状が改善しなかったが、三日月整骨院町田結希さんの治療を受けて「痛みのない生活」を実現された方、ご家族そろって町田結希さんの治療で痛みから解放された方など、多くのお喜びの声をお伺いすることができました。

今回は、それに加えて、町田結希さんが構築されてこられた整骨院の運営ノウハウである「町田モデル」についてもお話をお伺いしました。独立を目指されている柔道整復師の皆様にとってもご関心のあるトピックス満点です。

インタビューおよび撮影は2日間に及ぶロングランでしたが、町田結希さんの患者様に向かわえれる真摯な姿、そしてご自身が磨き込まれてきた技術、そしてそれを基軸として作り上げて来られたビジネスモデルについて熱を込めて語られる姿を拝見することができました。

写真をチェックされる三日月整骨院の町田結希先生
撮影した写真の最終チェックをする町田結希先生。自分の専門外のことであっても、ご自身のベストを尽くされる町田先生の姿勢に感銘を受けました。

お話をお伺いした方

京田辺 三日月整骨院の院長 町田結希さん

町田結希(まちだゆうき)さん

柔道整復師、バイニーアプローチ本コース修了。三日月整骨院の院長。整形外科や介護施設、数多くのスポーツの現場でのトレーナー経験を経て2017年現職に。小学2年生から競技としてスキーをはじめ、現在も京都府代表としてクロスカントリースキーで国体に出場。趣味はトレイルランニング、華道、料理と守備範囲が広い。アロマセラピーにも精通している。

三日月整骨院

(ミカヅキセイコツイン)

院長: 町田 結希

〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央3丁目3-10 シークビル1階

HP:https://mikazuki-seikotsu.com/

TEL: 0774-51-6957

Our Story:若き施術家の挑戦。より多くの人の「痛みのない生活」の実現ために 第5回

健康で若々しく生きていたい、という思いから、日々の運動も欠かさないという桐村さん。Northwest Superglass®を組み込んだ町田先生の施術によって日々のジム通いを再開でき、とても嬉しいと喜んでおられました。

脊柱管狭窄症による脚の痛みとしびれが消えて毎日が快適!

第5弾には脊柱管狭窄症による足のしびれ・痛みにお悩みだった桐村律子さんが登場。

毎日ジム通いをして、健康にもおしゃれにも気を配っていた桐村さん。

その桐村さん、ジムでの強度を上げた運動をきっかけに脊柱管狭窄症と診断され、足にしびれや痛みの症状を発症。

桐村さん「せっかく健康でいるためにコツコツ運動をしてきたのにショックでしたね……。台所に5分と立っていられない、買い物へ行っても車いすがほしくなるくらいで、なにかの支えがないと長時間、立ったり歩いたりできませんでした。「このまま車いすの生活になるなんていやだわ」、と落ち込みました」

そんな時に出会ったのが京田辺市の三日月整骨院 院長 町田結希さん

手術は回避したいと望んでおられた桐村さん。NWPL社の足の動きを最適化するファクショナルオーソティックス®Northwest Superglass®を組み込んだ町田結希さんの独自の治療法により、桐村さんがどのようにして「痛みのない生活」「健康に生きる」そして「美しく生きる」を取り戻したのか?

脊柱管狭窄症による痛みやしびれなどに悩まれている方に是非ご一読いただき、手術以外の選択肢があるということをおつたえできればとても嬉しいです。

Our Story:若き施術家の挑戦。より多くの人の「痛みのない生活」の実現ために 第4回

「なんとか手術は回避したい」という思いを抱えられていた青木様。Northwest Superglass®を組み込んだ町田先生の施術により、膝痛がやわらぎ、自転車をこいだり、小売店でのお仕事などが楽になったと話されていました。

膝痛が楽になり、自転車こぎもしゃがみこみも、立ち仕事もすべての動作が快適

第四弾には、長年膝痛で悩まれていた青木さんが登場!

高校生のころにバスケットボールをされており、その時から膝痛とのお付き合いが始まった青木さん。40代に長期の入院生活をされたことを契機に、その膝痛が悪化。多くの整形外科や接骨院などを巡るも症状は改善しなかったとのこと。

膝が悪く人工関節の手術をしたが、思うようにリハビリに取り組むことができずに車いすの生活を余儀なくされたお母様をご覧になられていた青木さん。変形性膝関節症の症状が進む中、なんとか手術を回避されたいと強く願っておられました。

青木さん「実は母も膝が悪くて人工関節の手術をしました。手術をすると劇的に良くなるようなイメージがあるかもしれませんが、実は手術後のリハビリが本当に大変なんです。結局、母は思うようにリハビリに取り組むことができず、車いすの生活を余儀なくされました。

母のそのような様子をみてきたので、できれば手術は避けたいと思っていたときに、町田先生の魔法の手と『Northwest Superglass®』に出会えて本当によかったです。自宅から自転車で50分かけて、頑張って先生のところに通っています。

先日娘と出かけたときに”歩くの、速くなったね”って言われたときはうれしかったですね。もっと早く「Northwest Superglass®』にすればよかったと思っています。とにかく痛みのない生活が本当に幸せです」

人工関節への置換手術は日本でも件数が伸びて来ています。

しかし、OARSI(Osteoarthritis Research Society International:世界変形性関節症会議)の発表によると、手術を必要とする人はごくわずかとのこと。

OARSIは、変形性股関節・膝関節症の保存療法(リハビリなど)・薬物療法の基礎と臨床・再生医療・疫学・病態学(遺伝子研究が多い)に関する世界最大規模の学会で世界のガイドラインを発信しています。上記の資料はOARSIのウェブサイト(こちら)からご覧いただけます。

また、福岡和白病院関節症センターにおける変形性関節症に関する研究も非常に興味深いです。ウェブサイトのURLはこちらです。

青木さんのインタビュー記事をご覧いただき、多くの方に変形性膝関節症について手術以外の選択肢も存在する、ということを知っていただく機会となれば幸いです。もちろん、福岡和白病院の林先生がおっしゃっておられるように痛みの原因によっては手術が必要ということもありますので、専門家にご相談ください。

若き施術家の挑戦。より多くの人の「痛みのない生活」の実現のために 第4回 膝痛が楽になり、自転車こぎもしゃがみこみも、立ち仕事もすべての動作が快適こちら

Our Story:若き施術家の挑戦。より多くの人の「痛みのない生活」の実現ために 第3回

三日月整骨院の患者様のひとり、高校生スイマーの増井陽太君。NWPL社のファクショナルオーソティックス®であるNorethwest Superglass®の愛用者でもある
インターハイ出場を目指す高校生スイマー増井陽太君。インタビューでのしっかりした受け答えと爽やかな笑顔が印象的でした

施術と『Northwest Superglass®』で姿勢が改善。疲労の軽減、自己ベストの更新も実現!

第三弾には高校生スイマーの増井君が登場!

増井君はどこかに痛みがあるというわけではなく、「姿勢の悪さ」に気になっておられてお母様の勧めで三日月整骨院に来院されました。

水泳のコーチからも姿勢の悪さについて指摘を受けていた増井君。NWPL社ファクショナルオーソティックス®Northwest Superglass®を組み込んだ町田さんの施術によって、増井君が手にしたものとは!?

増井君「『Northwest Superglass®』を使い始めて半年くらいになるのですが、1年前と比べて400mの自由形の記録が5秒も伸びたんです。ハードな練習はもちろんのこと、練習の成果を最大限に引き出してくれる『Northwest Superglass®』と、メンテナンスで診てくださる町田先生のおかげです。早くインターハイに出られるようにもっともっと速く泳げるようになりたいです」

部活帰りのお疲れのタイミングでの取材でしたが、ハキハキとした受け答えと爽やかな笑顔で、その場にいた全員が魅了されてしまいました。町田先生への尊敬の念も感じることができ、町田先生との信頼関係の深さを窺い知ることができました。

今回の町田先生へのインタビュー企画においても、取材および執筆は、足のコラムの「Our Story」で大変お世話になっているライターの峯澤美絵さんに執筆を頂いています。峯澤さんご自身もNorthwest Superglass®の愛用者ということもあり、とても素晴らしい記事となっています。町田さんが師と仰ぐ長野のDr.SONA高田の院長 山岸 茂則 さんへのインタビュー企画にもご参画いただいています。

姿勢を改善したい、運動のパフォーマンスを向上させたい、といった方にもNWPL社ファクショナルオーソティックス®ファンクショナルインソールという選択肢があることをお伝えできれば幸いです。

若き施術家の挑戦。より多くの人の「痛みのない生活」の実現のために 第3回 施術と『Northwest Superglass®』で姿勢が改善。疲労の軽減、自己ベストの更新も実現!こちら

Our Story:若き施術家の挑戦。より多くの人の「痛みのない生活」の実現のために 第2回

三日月整骨院の患者様の神川さんが農作業をされている様子。NWPL社のファクショナルオーソティックス®であるNorthwest Superglass®の愛用者でもある。町田先生の施術により腰痛が相当程度軽減。農作業がたのしくてたまらないとのこと
農場で生徒に指導をする神川さん。腰痛から解放されて大好きな農業の時間が充実しているとのこと

腰痛から解放されて農作業が楽しくてたまらない

第二弾には腰痛に悩まされていた神川健太さんが登場。神川さんは農業はこよなく愛されており、腰痛はその大好きな農作業にとっても天敵。

「30軒も治療院を回って腰痛が改善しなかったから、私の腰痛を治せる人って実は誰もいないんじゃないかって思っていたんですよ(笑)。」とは神川さんの言。

神川さんの腰痛も複数の要因によって引き起こされていたことが町田さんの診断により判明。そして、NWPL社ファクショナルオーソティックス®であるNorthwest Superglass®の処方を含む適切な施術により、長年神川さんの生活の質(QOL)を低下させていた腰痛が相当程度、改善したとお伺いしました。3か月に1回程度なっていたぎっくり腰も1年に一回程度へ減少、そしてその程度も軽くなったとのこと。

腰痛に悩まれている方に是非ご一読いただき、少しでもヒントがあれば嬉しいです。そして、腰痛に対してNWPL社ファクショナルオーソティックス®ファンクショナルインソールという選択肢があるこを知っていただきたいと思います。

若き施術家の挑戦。より多くの人の「痛みのない生活」の実現のために 第2回 腰痛から解放されて農作業が楽しくてたまらないこちら

Our Story:若き施術家の挑戦。より多くの人の「痛みのない生活」の実現のために 第1回

三日月整骨院 町田結希先生。NWPL社のファクショナルオーソティックス®であるNorthwest Superglass®を組み込んだ独自の施術方法を基軸にした「町田モデル」について大いに語る
三日月整骨院の運営に関するビジネスモデルである「町田モデル」について語る院長 町田結希さん。実直な話しぶりが人柄を伺わせる

Northwest Superglass®』を組み込んだ独自の施術法と経営ノウハウの確立で安定した運営を実現

第一弾のテーマは、町田さんが独立をされて三日月整骨院を安定的に成長させてきた秘訣についてお伺いしました。

施術に対する考え方、三日月整骨院および施術家としての町田さんの認知度向上、そして継続率の向上といった経営に関する考え方まで踏み込んだ内容となっています。

足やカラダに不具合を抱えた方、運動のパフォーマンスを向上させたい方といったエンドユーザーの皆様にはもちろんのこと、整骨院を運営されている方、これから独立を目指したいという柔道整復師などの資格を有されている方にも興味深い内容となっています。

若き施術家の挑戦。より多くの人の「痛みのない生活」の実現のために 第1回 Northwest Superglass®』を組み込んだ独自の施術法と経営ノウハウの確立で安定した運営を実現こちら


TEAM NWPL ファンクショナルインソール ファクショナルオーソティックス® NorthwestSuerpglass NorthwestFit LifeOTC 三日月整骨院 DRSONA高田 DRSONA桐原 シューマート 輝く羽 風の里クリニック ふうき
NWPL社認定の専門家・専門スタッフにご相談ください。痛みのない生活の実現をサポートいたします。

NWPL社ファンクショナルオーソティックス®ファンクショナルインソールが目指すところは、過剰回内(オーバープロネーション)などのように足のアライメントが崩れている状態を是正することにより、足部に生じる痛みや不具合のバイオメカニクスの観点からの誘因となる動きを制御することにあります。

他方、足部に生じる痛みや不具合は様々な要因が絡み合って生じています。例を挙げると、靴、地面の状況、運動量、体重、運動に関する技術、体外から体にかかる力、筋力のバランス、柔軟性の欠如などです。結果として、これらを原因として連鎖的に生じる足部以外の他の身体の部位の痛みや不具合も同様に複合的な要因が複雑に絡み合って生じることとなります。

よって、NWPL社ファンクショナルオーソティックス®ファンクショナルインソールがその効果を発揮するためには、それぞれの不具合や痛み、もしくはパフォーマンスの向上を阻害している要因の発生原因を正しく把握することが最も重要なのです。

そのために、NWPL社認定の足の専門家が存在しています。

「痛みのない生活」、「健康な生活」、「美しく生きる」、そして、「運動を楽しむ」を実現されたい方は、是非NWPL社認定の足の専門家にご相談ください。皆様のお話をお伺いして一人ひとりの状況にあった最適なご提案を致します。

私たちはひとりでも多くの方を足元からサポートして健康寿命の延伸に貢献したいと願っています