歩いている動作は 3 つに分けることができます。
①踵(かかと)が地面に着く

②足の裏全体が地面に着く

③つまさきが地面から離れる


この 3 つの動作中に「足」と「脚」は前段でお話しした大切な役割を果たしています。

踵(かかと)が地面についてから足の裏全体が着地するまで

右の「足」と「脚」を例にお伝えしていきます。

踵(かかと)周りの骨格が内側に倒れ、土踏まずは低くなります。28個の「足」の骨が広がっていくたわみを利用して「足」の接地面積を大きくすることにより着地の衝撃を吸収します。その時「脚」は内側(膝を内側にまわすように)に動きます。


足の裏全体が着地した以降からつまさきが地面から離れるまで

左の「足」が右の「足」を追い越していくと、右の「脚」が外側(膝を外側にまわすように)に動いていきます。すると「脚」の動きに反応し右「足」のかかと周りの骨格は起き上がり、土踏まずは高くなります。28個の「足」の骨はしっかりと組み合うことができ、効率よく前に進む力を発揮します。

歩くときに足が地面に着いている時間はほんの一瞬です。しかし足はその中でタイミングよく地面の衝撃を吸収し、また地面に効率よく力を伝えるという、本来もつ歩行に必要な役割を行っているのです。