外反母趾になると、曲がってしまった親指が気になり、つま先を楽にするサンダルがいいと思い込む方がいます。また、症状を和らげるために、靴底やインソールが過剰に柔らかい靴を選んでしまう場合も少なくありません。しかし、このような靴の選択は果たして外反母趾にとって本当に効果があるのでしょうか? 外反母趾の足に、よりよい環境をつくるための靴選びのポイントを紹介します。

外反母趾にサンダルはいいの?

一見、覆いがなく開放的なサンダルは親指部分に負担を軽減するように思われますが、根本的な原因である踵(かかと) 周りの支えが不安定なため、症状を悪化させてしまう可能性が高いのです。とはいえ、夏場のファッションには欠かせないアイテムですね。外を出歩かない時は負担の少ない靴に履き替えるなど、外反母趾の方はできるだけサンダルを履く時間を少なくすることをおすすめします。

外反母趾にやさしい靴選びの3つのポイント

靴底やインソールが柔らかすぎない靴を選ぶ

エアーが入っている靴や、バランスボールのような施しが靴底にある靴も、履いた時の柔らかい感触や弾むような履き心地が気持ちよく快適に思えますね。しかし、快適感とは裏腹に、靴底が柔らかすぎるシューズは踵(かかと) 周りの骨格が崩れやすく、広がってしまったつま先の骨格もさらに不安定になり外反母趾の症状が悪化してしまう可能性が高くなります。 できるだけ、柔らかすぎないしっかりとした靴底のものを選びましょう。

かかとの収まる部分(ヒールカウンター)がしっかりとした構造のものを選ぶ。

靴の踵(かかと) が収まる部分をヒールカウンターといいます。この部分がぐにゃぐにゃと指で押しただけでたわんでしまうような靴はかかとの骨をしっかりと安定させることができません。足の働きを考慮した靴は必ずこの部分が硬く頑丈につくられています。靴を選ぶときは、まずはヒールカウンターの硬さをチェックしてみるとよいでしょう。

指先には、適度な余裕をもたせる

親指を締め付けるようなデザインの靴は、患部を過剰に圧迫し症状を悪化させる原因になります。 指が遊ばない程度の、広さの靴を選ぶとよいでしょう。

※外反母趾をより効果的に改善する為には、上記のポイントを満たす「外反母趾にやさしい靴」とかかと周りの骨格を安定させ足本来の働きを導き出す特殊なインソール、 ファンクショナルオーソティックス®を併用することをおすすめいたします。

おしゃれなハイヒール・ビジネス用の革靴・作業用長靴を履くときは、どうしたらいいの?

おしゃれのため、先が細くヒールの高い靴を履くことがある場合や、仕事や作業に必要で、踵(かかと)まわりが安定していない構造の靴を長時間履き続ける必要がある場合など、外反母趾の足にはストレスになってしまう靴を履かざるを得ないこともあります。 このような場合でも、ヒールカウンターがある靴であれば、踵(かかと)周りの骨格を安定させ足本来の働きを導き出す特殊なインソール、 ファンクショナルオーソティックス®を使用することで、よりよい靴環境を手に入れることが期待できます。

まとめ

  • 外反母趾を予防・改善するために、靴を選ぶときのポイントは以下です。
  • 靴底やインソールが柔らかすぎない靴を選ぶ
  • 踵(かかと)の収まる部分(ヒールカウンター)がしっかりとした構造のものを選ぶ。
  • 指先には、適度な余裕のある靴を選ぶ。
  • 上記のポイントを満たす靴とかかと周りを安定させるインソール、ファンクショナルオーソティックス®を使用するとさらに効果が期待できます。

(まずは…) 少しでもお悩みを改善したいと考えている方へ…

医療用足専門装具 “ファンクショナルオーソティックス®”をベースに開発した、NWPL(Northwest Podiatric Laboratory)製の既製品インソール、 Life OTCをご検討ください。

通勤時の革靴・パンプス等の「ON」での使用、プライベート時のスニーカー等の「OFF」での使用も。「ON」、「OFF」両シーンをこの一足で。

市販されているインソールのサポートにもご満足頂けなかった方におススメです。