一般的にはハイヒールやパンプス、つま先の細い靴を履き続けたせいで、親指が変形してしまうといわれています。しかし、ハイヒールやパンプスを履いていても、外反母趾にならない人もいますね。本当に靴が原因なのでしょうか? ここでは、外反母趾になる本当の理由について、ご紹介していきます。

裸足の生活でも外反母趾になる?靴が原因ではない?

実は靴を履かないで生活をしている種族の中にも外反母趾の人がいるということがわかっています。つまり、靴の問題は、2次的、3次的な要因であり、直接の原因ではありません。 ただし間接的な要因とはいえ、外反母趾の人がハイヒールを長時間履き続けると、症状は悪化する可能性は高まります。 こういった、靴の使用環境の問題は外反母趾を改善するための大切なテーマといえるでしょう。

外反母趾は女性だけがなるの?

外反母趾といえば女性特有の症状というイメージがありますが、多くの男性も外反母趾の悩みをもっています。また、大人だけでなく、外反母趾を発症している子どもも少なくありません。 では、外反母趾の症状の直接の原因は何なのか?外反母趾になりやすい環境はあるのか? そのメカニズムと原因を解説いたします。

実は・・・外反母趾は踵(かかと)の病気なのです!

外反母趾はその名の通り「母趾(足の親指)」だけの変形だと考える方が多いと思います。しかし、実際には指の付け根にある長い骨が横に広がるように大きく広がってしまったため、結果として指の向きを変えてしまっているのです。つまり、指先ではなく根元の骨の問題なのです。 では、なぜ、指の付け根の骨が曲がってしまうのでしょう?実は、そもそもの原因が、 指の付け根の骨よりもさらに後ろにある踵(かかと)周りの骨格が崩れてしまうこと(オーバープロネーション)にあるのです。踵(かかと)周りの骨格の崩れはつま先側の骨格を必要以上に広げ、それに伴い親指の付け根の骨も大きく広がるように動いてしまいます。

つまり、外反母趾は、 踵(かかと)の骨格の崩れから、連結している骨が必要以上に動いてしまうことにより、先端部分の親指まで変形させてしまうという症状なのです。

外反母趾の足に見られる特徴

外反母趾の症状があらわれている足には共通する特徴があります。外反母趾の場合かかと周りの骨格が崩れてしまっていることが多いので、ほとんどの場合が偏平足、開帳足という状態になっています。

  • 偏平足(へんぺいそく)
    体重がかかっているときに、足の土踏まずが床についてしまっているような足。
  • 開張足(かいちょうそく)
    体重がかかると、つまさき全体が異常に広がってしまう足。

外反母趾になりやすい人って?

多くの外反母趾の症状に共通している、足骨格の問題があります。

  • 足の親指の付け根にある骨が人差し指の付け根にある骨よりも長い人
  • 足の中央あたりからつま先側が内側にまがっているような人(先天性内転足)

外反母趾になりやすい靴の環境

外反母趾の第一の原因は、踵(かかと)周りの骨格が崩れやすい足骨格の構造上の問題とされています。ただし、2次的な要因とはいえ、靴の環境しだいで外反母趾が悪化する場合もあります。ここでは、外反母趾になりやすい靴の環境をご紹介します。

  • つま先がせまい靴を長時間履く
    ハイヒールやパンプスなどのつま先を圧迫するようなデザインの靴を長時間履くとさらに指が曲がってしまったり、痛みがひどくなったりすることがあります。
  • 靴底が柔らかすぎるデザインの靴をはく
    靴底やインソールがやわらかすぎる靴は、一見、足に負担がなく楽そうに思えますが、実は足にとっては決してよい環境とはいえません。 靴自体がかかと部分をぐらつかせてしまう設計になっているため、外反母趾を悪化させてしまう可能性があります。
  • 高いヒールを長時間はいている
    つま先側に体重がかかりやすく、症状を悪化させる一因となります。

外反母趾は遺伝するの?

手足の骨格は親からの遺伝の要素が現れやすい部位だといわれています。子どもの頃から外反母趾の症状が発症している方にはご両親のどちらかに同じく外反母趾が発症しているというケースが少なくありません。

まとめ

  • 外反母趾は踵(かかと)周りの骨格が崩れることによって、つま先側が変形し親指の付け根の骨が曲がってしまうことで引き起こされます。
  • 外反母趾は女性だけでなく、男性や子どもの足にも現れる症状です。
  • 外反母趾の足には以下のような特徴があります。
    • 偏平足(へんぺいそく)・・体重がかかっているときに、足の土踏まずが床についてしまっているような足
    • 開帳足(かいちょうそく)・・体重がかかると、つまさき全体が異常に広がってしまう足
  • 外反母趾になりやすい足は、以下の様な足です。
    • 足の親指の付け根にある骨が人差し指の付け根にある骨よりも長い人
    • 足の中央あたりからつま先側が内側にまがっているような人(先天性内転足)
  • 以下のような靴の環境は、2次的要因として、外反母趾を悪化させる場合があります。
    • つま先が狭い靴をはく
    • 靴底が柔らかすぎるデザインの靴をはく
    • 高いヒールを長時間はいている
    • 遺伝による足骨格の問題が外反母趾の一因と考えられています。
外反母趾の予防はできるの?