思い立ったが吉日!が正しい答え

投資のタイミングの決定は難しい。でも、健康への投資を考えた場合はどうだろうか?

2022年を迎え、今年こそは健康にいいことをしよう!と決意を新たにされた方もいるのではないでしょうか?

ある種の投資を始めるにはタイミングの判断が難しいものですが、健康への投資のタイミングについて考えてみます。

投資が意味があるか否かは投資後のリターンの大きさで決まる

まず、健康への投資が意味があるものだったか否かを判断する物差しはあるのでしょうか?私たちの答えはYESです。

健康に資するものを買うか、例えば朝の散歩という習慣に時間を投じるか、いずれの場合もある意味で健康への投資ととらえることができると思います。

そうした場合、投資したもの(お金、時間)が意味があったかどうかは、その後のリターン、健康の場合であれば自身の健康のステータスが改善したか、が重要な物差しになると思います。

投資へのリターンは、投資に必要なマイナスのキャッシュフローに対してその後のプラスのキャッシュフローがどれだけ大きいかで決まります。厳密に考えると、1年後に生じるプラスの1と10年後に生じるプラスの1は価値が違います。利息的な考えを考慮すると、1年後のプラス1のほうが価値が高いことは感覚的にもご理解いただけると思います。

正確にお金に換算できなくても、この概念は適用かのうだ。例えば、朝の散歩を1時間すると仮定すると、その1時間で他にできたことが投資の対価といえる。仕事をする、家族と朝食をの楽しむ、その時間も寝るなど。

例えば、節税商品としてよくあるアパートへの投資を考えてみます。投資に必要なマイナスのキャッシュフローはアパートの建設資金になります。その後のプラスのキャッシュフローは基本家賃収入になります。

そう考えると、追加の投資(たとえば改修工事など)が不要だとすると、どれだけ長い時間賃貸収入を稼ぎ続けてくれるか、がポイントになります。節税という意味では、減価償却費による節税メリットがありますが、今回はそれは脇に置いておきます。

アパートに投資をすることを考えると、アパートを建てるための資金とその後の賃貸収入が見合うかがポイントとなる。もちろん、アパートなどの不動産投資については減価償却費という費用を節税のために活用できることが需要なポイントではあるが、、、

健康ということでいうと、一定の投資は例えばジムに行くなど一定と考えるのは合理的であると思います。

その投資から生まれるキャッシュフローは、健康になることによるプラスの影響(必ずしもお金に換算できないかもですが、、、)がすべて含まれます。そう考えると、生きている限りプラスの影響がリターンになります。

思い立ったが吉日!が正しいタイミング

この考え方が正しいとすると、健康への投資は「思い立ったが吉日!」の言葉の通り、投資をしようと思った時に実行するのが正しいということになります。

なぜなら、早く始めたほうがその後続く人生にプラスの影響が長く生じる、つまりプラスのキャッシュフローが生じる期間が長くなるためです。もちろん前提としては、その投資が意味あるプラスの影響を生むということですが!

カラダを支える足への投資は、健康という観点かららとても大きな意味があります。NWPL社のファンクショナルインソールは、足の動きを最適化し、足を整えることでカラダを整えるためのサポートを提供するプロダクトです。

もともと医療用のプロダクトから出発していることもあり、サポートの品質も世界最高レベルです。よって、投資をご検討いただく前提としての「プラスのリターンがあるのか」についてはお墨付きと言っても過言はないと思います。

足や身体のことについてのご相談は、足の動きを熟知し、NWPL社のプロダクトについても十分な知識と経験を有している専門家に是非ご相談ください。