ノースウエスト・ポディアトリック・ラボラトリーについて

わたし達の朝は、一足のインソールに
託された想いと向かい合うことから始まります


アメリカ西海岸ワシントン州のブレインという、のどかで小さな町に、ノースウエスト・ポディアトリック・ラボラトリー社があります。 1964 年の創業以来、実に 100 万足以上のオーダーメイドインソール(オーソティックス)を製作し、現在では、年間約5万足を世界中の皆様にお届けしています。
わたし達が最も大切にしていることは、お客様とノースウエスト・ポディアトリック・ラボラトリー社の熟練スタッフと、そして世界中の足病医療に携わる医師や治療家、代理店の皆様とパートナーであるということです。よく意見を聞き、情報を交換し、丁寧に手作りすること。ただのビジネス上のお付き合い程度では、わたし達のめざすオーダーメイドインソール(オーソティックス)は完成しません。もっと効率がよく、楽な商売をしたらいいと思うビジネスマンもいます。しかし、掌ほどの小さなインソールひとつひとつに、ご注文いただいたパートナーの「人生の希望や期待」が、つまっていることを忘れてはいけません。
地球上でもっとも精密で、薄くて丈夫、靴にピタリとはまるノースウエスト・ポディアトリック・ラボラトリー社のオーダーメイドインソール(オーソティックス)を信じてください。あなたの人生が誰とも違うように、それは、ひとつとして同じカタチはないのです。

50名を超えるスタッフが各工程に分かれ、ハンドメイドで1つ1つ丁寧につくっていきます。

1.足型(足のデータ)を受け取る

2.足型から石膏の足模型を作る。

3.足模型を確認し、調整する。

4.調整した足模型よりオーダーメイドインソール(オーソティックス)のシェルを作製する

5.トップカバーを付ける

6.最終確認して、出荷する

ノースウエスト・ポディアトリック・ラボラトリー社 代表ご紹介

デニス・ブラウン
Dennis Brown

創始者/社長

学校を卒業するとすぐに英国陸軍に入隊。ボクシングのディヴィジョンチャンピオンに。アスリートとしての経験から足裏と身体の関係に深く興味を抱き、オーダーメイドインソール会社を設立。よりよいオーダーメイドインソール(オーソティックス)を創りだすため、現在も研究室を率いている。

クリストファー・E・スミス
Chistpher E.Smith.D.P.M

副社長 足病医師 元カリフォルニア足病学カレッジ(現サミュエル・メリット・ユニバーシティ)名誉教授

幼少のころから重度の足痛に悩まされ、同じ症状を持つ人を助けたいと足病医師をめざす。23 年間務めた足病医学大学の名誉教授を辞職後、ノースウエスト・ポディアトリック・ラボラトリー社へ。自らの体験をもとに、依頼者の視点にたったオーダーメイドインソール(オーソティックス)造りを提唱、実践する。