• ノースウェスト・ポディアトリック・ラボラトリー社(NWPL社)は、米国足病医学の下肢バイオメカニクス理論に基づいた医療用のファンクショナルオーソティクスを製造するファンクショナルオーソティクスおよびその流れをくむ高機能インソールを製造する会社です。
  • 米国においては、1964年に創業以降、当該業界を理論、技術および素材の面で牽引してきたリーディイングカンパニーです。
  • しかしながら、日本の皆様には「ファンクショナル」という言葉が、なじみが薄く、また、弊社としてもきちんとご説明ができていない用語であると認識しています。
  • そこで、今回は的確な訳語は別として、「ファンクショナル」が意味することについて、ご説明を致します。

ファンクショナル=機能的な、が意味するところ

  • ファンクショナル、という英単語を日本語に直訳すると、機能的な、といった意味となります。これだけだと機能的なオーソティクス(足底挿板)や機能的なインソールといった訳となり、意味合いがはっきりしません。
  • そのために、ファンクショナルオーソティクスと対になるアコモデーティブ(Accommodative)オーソティクスの存在に触れることで、結果としてファンクショナルオーソティクスの特徴をご説明したいと思います。

  • 米国において医療に用いられるオーソティクスには、大別してファンクショナルオーソティクスとアコモデーティブオーソティクスが存在し、それぞれ別の用途で処方されます。

  • アコモデーティブとは、調整する、適合させるといった意味です。アコモデーティブオーソティクスは足の保護や痛みをとることを目的としたものです。この痛みというのは、動きによって生じる痛みではなく立った状態における足の痛みを意味します。つまり、足の骨などの変形や皮膚が脆弱な状態になっていることに対する保護などを目的とした足底挿板となります。換言すると、足の機能を変えることを目的としていません。このアコモデーティブオーソティクスを作る時には、荷重した状態で採型をします。変形があればその形に応じて、その個所に圧力がかからないようにして、痛みを緩和することを目的としています。よって、素材も柔らかいものが選択されます。
  • もうひとつがファンクショナルオーソティクスです。本来あるべき足の機能を最適化することを目的とした足底挿板です。ファンクショナル=機能的な、という意味は、静的な状態にとどまらず、「歩く」や「走る」といった動的な状況において、足が果たす機能を改善することを目的として作製される足底挿板となります。そのような目的で治療を必要とする人においては、荷重した状態において何等か問題があることで痛みや不具合が出ているという状況です。よって、不具合が出ている状態で採型しても意味がなく、足が適切な機能ができる状態を再現するために、非荷重な状態で採型を致します。また、運動時における機能を改善することを目的とすると、自分の体重に加えて、運動にかかる力(体重の2から3倍の力)に耐えうる耐久性やしなやかさが必要となります。従って、素材の特性としては硬さが求められます。
  • つまり、ファンクショナル=機能的な、という意味は、足がもつ本来の動きを実現するために、機能的な側面を改善することで、運動に伴う動きや不具合を改善することを目的とする、という意味なのです。
  • 世の中には、いろいろな目的をもつインソールが存在します。それぞれに目的が異なるために、一概にその性能の優劣を語れることは不適切であると私たちは考えます。
  • NWPL社の医療用のファンクショナルオーソティクスやその流れをくむ高機能インソールは、人が運動する際に生じる足の痛みや不具合、そして足元を整えることで全身を整えることを目的としています。

Our Storyでお届けしたい声

  • NWPL社のファンクショナルオーソティクスやその流れをくむ高機能インソールをご利用いただいている方々の声をお届けする「Our Story」を通じて、NWPL社のファンクショナルオーソティクスや高機能インソールがどのような効用をもたらしてくれるのか、生の声をお届けいたします。
  • 「Our Story」の今後の展開にご期待ください!